(一社)日本家政学会被服衛生学部会

平成30年度(一社)日本家政学会被服衛生学部会公開講座のご案内(第1報)

平成30年度 (一社)日本家政学会被服衛生学部会公開講座
衣服と健康の科学、最前線
―シニアの健康・快適な衣生活支援における被服衛生学的アプローチー

日時:2019年3月19日(火)13:00~16:30
会場:東京家政大学板橋キャンパス16号館162B講義室 
交通:埼京線十条駅徒歩5分

※会場は文化学園大学に変更となりました(詳細は第2報をご確認ください。)
参加費:無料

〈プログラム〉
開会挨拶
13:00~13:10「研究概要」
諸岡晴美 氏(京都女子大学 教授)
13:10~13:40「高齢者の日常生活における留意点」
芝﨑学 氏(奈良女子大学 教授)
13:40~14:10「年齢によって異なる温かさ・冷たさの感じ方」
深沢太香子 氏(京都教育大学 準教授)
14:10~14:40「皮膚の柔らかさと皮下脂肪厚の年齢による違い」
丸田直美 氏(共立女子大学 教授)
14:40~15:00 休憩
15:00~15:30「年齢・身体特性・ブラジャーの種類が動作時の着装感に及ぼす影響」
薩本弥生 氏(横浜国立大学 教授)
15:30~16:00「加齢に伴う体脂肪燃焼の変化とその改善法」
三野たまき 氏(信州大学 教授)
16:00~16:30「老人性乾皮症のためのアパレル支援」
諸岡晴美 氏(京都女子大学 教授)
閉会挨拶

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トップへ戻る