30号 原著その1

異なる季節・地域における望ましい
ユニバーサル・ファッション提案のための着衣に関する研究
~ 基本項目について ~

山崎和彦1)、平田耕造2)、岡田宣子3)、伊藤紀子4)、藤原康晴5)、
諸岡晴美6)、船津美智子7)、栃原 裕8)、岩崎房子9)、田村照子10)

1)実践女子大学  2)神戸女子大学  3)東京家政大学  4)元鳥取大学  5)元放送学園大学
6)富山大学  7)福岡女学院大学  8)九州大学  9)元文化女子大学 10)文化女子大学

要 約
高齢者のユニバーサル衣服を提案するため、全国的規模の調査が実施された。高齢群ではのべ2387名、若齢群ではのべ2124名であった。本報告では調査方法および基本項目の概要について示した。基本項目とは、身体的特徴、生活習慣、等である。結果に関し、特におしゃれへの関心の観点から検討した(キーワード:ユニバーサル衣服、地域差、季節差、高齢者、生活習慣)。

関連記事

  1. 26巻 海外レポート-2

  2. 第29回被服衛生学部会夏季セミナー案内(第2報)

  3. 23巻 大学院生の声1

  4. 第25回 日本家政学会被服衛生学部会 夏季セミナーのご報告

  5. 26巻 研究室紹介-ユニチャーム生活科学研究所

  6. 部会誌35号被服衛生学セミナー報告

  7. 第34号 「庶務報告」(深沢先生)

  8. 第32号 巻頭言

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。