29巻 講評

【講評】

総説「野外活動と衣服」

実践女子大学 山崎和彦

本部会は被服衛生学における世界的権威を擁し、生理学、物理学、工学など各方面に造詣の深い研究者も多い。そうした集団にあって、若手研究者が総説を投稿するとなれば、いささか気が重いかも知れない。
査読者の役割は、投稿論文が掲載に値するか否か判定することである。しかし、投稿して下さるだけで有難いというのが我が本音であり感謝している。そして、よくまあここまで勉強しておられるものだというのがさらなる本音である。読み進む内に、この論文を入手せねばと思う箇所に幾度か出会う。これこそが総説の価値である。
会員の中には、なぜあの先生のあの論文が、なぜ自分のあの論文が引用されていないのだ、といった思いを抱く方がおられるかも知れない。そうした事態に備え、稿末に連絡先が設けてある。御指導御鞭撻を賜りたい。

<連絡先>
〒191-8510 東京都日野市大坂上4-1-1
実践女子大学生活科学部 山崎和彦
電話・FAX:042-585-8899
eメール: yamasaki-kazuhiko@jissen.ac.jp

関連記事

  1. 第33号 研究室紹介

  2. 第34号 入退会等手続き

  3. 30号 原著その2 

  4. 第31回被服衛生学セミナーのご案内

  5. 部会誌35号短報論文

  6. 22巻 巻頭言-「衣服と健康の科学、最前線」を走る被服衛生学部会

  7. 第34号 会計報告③.pdf

  8. 23巻 巻頭言-被服衛生学における形式知と暗黙知

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。