(社)日本家政学会被服衛生学部会 第30回被服衛生学セミナーのご案内(第2報)

(社)日本家政学会被服衛生学部会 第30回被服衛生学セミナーのご案内(第2報)

                    第30回被服衛生学セミナー実行委員長

                                       文化学園大学 小柴朋子

 大変遅くなりましたが、第30回被服衛生学セミナーのご案内(第2報)を申し上げます。

第30回被服衛生学夏季セミナーでは、未曽有の被害を生んだ東日本大震災後の夏季セミナー

として、「災害と被服衛生学」を全体テーマとして、プログラムを計画いたしました。

また、本年は、被服衛生学部会セミナー第30周年の節目に当たるため、例年通りの講演や

研究発表に加え、特別企画30周年記念シンポジウム「被服衛生学の未来を語る」を開催します。

 なお、今回は、ユネスコ無形文化遺産登録 重要無形文化財技術指定 越後上布・小千谷縮の

伝統工芸士である中島清志氏に、越後上布の製作工程を中心に講演いただけることになりました。

会場は、自然あふれる文化北竜館です。2日目には飯山市街見学、高橋まゆみ人形館、北竜湖

付近散策等のエクスカーションも楽しめます。ぜひご参加ください。お申し込みをお待ちいた

しております。

日 程:平成23年8月29日(月)~31日(水)

会 場:文化北竜館(〒389-2322長野県飯山市大字瑞穂7332-2)

http://www.bunkahokuryukan.com/

≪車≫ 関越自動車道(練馬IC)→上信越道路(豊田飯山IC)より国道117号線から北竜館へ

≪電車≫ JR飯山線長野駅より戸狩野沢温泉駅下車、車で約10分

東京⇒(長野新幹線)⇒長野⇒(JR飯山線60分)⇒戸狩野沢温泉駅

名古屋⇒(中央線特急3時間)⇒長野⇒(JR飯山線)⇒戸狩野沢温泉駅

参加費: 正会員・賛助会員 13,000円、学生会員 3,000円、非会員 15,000円

参加費には、要旨集代、エクスカーションの高橋まゆみ人形館の入館料(希望参加)が含まれます。

宿泊費:2泊 25,000円、1泊 15,000円、無泊 5,000円

宿泊費には懇親会費、朝食代(30/31日)、昼食代(30/31日)、夕食代(29日)が含まれます。

参加費・宿泊費は当日受付で、現金にてお支払ください。

 

参加申し込み方法

  添付ファイルの参加申込書に記入して、セミナー実行委員会事務局まで、メール、FAX、郵送のいずれかにて

お送りください。参加申込書は、被服衛生学部会のホームページからもダウンロードできます。

 なお、会員の皆様には、後日郵送にて、ご案内・参加申込書をお送りいたしますので、そちらもご利用ください。

参加申し込み締め切り 2011820日(土)1600

 ※申込み・問合せ先

〒151-8523 渋谷区代々木3-22-1 文化学園大学 機能デザイン学研究室

第30回被服衛生学セミナー実行委員会 事務局  小柴朋子

℡&FAX:03-3299-2336   E-mail: koshiba@bunka.ac.jp

 

 

 

 

プログラム

829日(月)

14:30~15:30 役員会

15:30~    受付

16:00     開会

開会の辞 被服衛生学部会 部会長 成瀬 正春 (金城学院大学)

16:10~17:00 特別講演 講演1

講 師: 九州大学芸術工学院 教授 栃原 裕

テーマ:「 防護服着用時の暑熱負担とその評価法 」

     司 会: 斉藤 秀子 (山梨県立大学)

17:10~18:00 特別講演 講演2

講 師: (株)アゼアス  斉藤 文明

テーマ:「 災害現場で必要とされる防塵服について

-福島第1原発、鳥インフルエンザ、アスベスト対策等で使用された防護服- 」

司 会:平田 耕造 (神戸女子大学)

18:00~18:30 臨時総会

18:30~19:30 夕食

19:30~21:00 座談会「 私と被服衛生学 」

話題提供:鎌田 佳伸 (元実践女子大学)

     田口 秀子 (元宮城学院女子大学)

     杉本 弘子 (元京都教育大学)

司 会: 成瀬 正春 (金城学院大学)

830日(火)

7:30~8:30  朝食

9:00~10:15  特別講演 講演3 

講 師: 伝統工芸士  中島 清志

テーマ: ユネスコ無形文化遺産登録

  重要無形文化財技術指定越後上布・小千谷縮

           「 越後上布ができるまで 」

司 会: 菅井 清美 (新潟県立大学)

10:15~10:30 休憩

10:30~11:00 特別講演 講演4

講 師: 長野県栄村住民福祉課 保健師 森川 智佳子

テーマ:「 長野県北部地震における支援活動の実際

~保健師としての経験から~ 」

司 会: 平林 由果 (金城学院大学)

11:00~12:00 被服衛生学総合討論

    テーマ:「 災害と被服衛生学 」

座 長: 嶋根 歌子 (和洋女子大学)

12:00~13:00 昼食

13:00~15:00 被服衛生学部会30周年記念シンポジウム

     テーマ: 「 被服衛生学の未来を語る 」

            コーディネータ 諸岡  晴美 (京都女子大学)

              シンポジスト    今村  律子 (和歌山大学)

        薩本  弥生 (横浜国立大学)

田村  照子 (文化学園大学)

石丸  園子 (東洋紡㈱)

山本  貴則 (大阪府立産業技術総合研究所)

15:00~18:00 エクスカーション

高橋まゆみ人形館見学、飯山市街散策、北竜湖周辺散策

18:30~20:30 懇親会

831日(水)

7:30~8:30  朝食

9:00~10:00  特別講演 講演5

講 師: 加藤 真介 (横浜薬科大学)

テーマ:「 放射線の基礎とその人体影響 」

司 会: 三野 たまき (信州大学)

10:00~11:30  研究事例報告 テーマ:「私の研究紹介」

座 長: 潮田 ひとみ (兵庫教育大学)

 

1.車いす使用者のためのリフォームジーンズの着心地について ~衣服圧と着用感からの検討~

○平岩暁子、平林由果、飯田信子、青山喜久子(金城学院大学)

 

2.ユニバーサルデザインビジネス啓蒙のための教育プログラムの開発

○丸田直美(共立女子大学)、加藤登志子(文化ファッション大学院大学)、

菊池直子(岩手県立大学盛岡短期大学部)、斉藤秀子(山梨県立大学)

 

3.腹部と大腿部への圧迫と知的作業能

○深沢太香子(京都教育大学)、藤井亜由美(福岡女子大学)、

西島美加(福岡県立香椎高等学校)

 

4.ナースウェアの運動機能性、温熱的快適性、細菌透過性に関する研究

○内田幸子(高崎健康福祉大学)、田村照子、小柴朋子、有泉知英子(文化学園大学)、

森本美智子(兵庫県立大学)、田辺文憲(山梨大学)

 

5.クールビズオフィスにおける執務者の着衣量調査

○西原直枝・田辺新一(早稲田大学)

 

6.衣服による摩擦が皮膚表面微細三次元構造に及ぼす影響-走査型共焦点レーザー顕微鏡を用いて-

○松井有子(文化学園大学大学院)、田村照子(文化学園大学大学院)

 

他 追加あり(まだ募集しています。お申込みください。)

 

11:30 閉会の辞 被服衛生学部会 副部会長 諸岡晴美 (京都女子大学)

11:30~12:30 昼食(欅カフェ)

12:30        解散

関連記事

  1. 25巻 特集-部会創立30周年2

  2. 28巻 巻頭言-老人性立腹症

  3. 26巻 海外レポート-2

  4. 25巻 海外レポート-2

  5. 第31号 講評

  6. 第32号 巻頭言

  7. 第25回 日本家政学会被服衛生学部会 夏季セミナーのプログラム

  8. 第33号 公開講座報告

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。