第34号 「公開講座報告」(丸田先生)

H26年度(一社)日本家政学会被服衛生学部会公開講座報告
衣服と健康の科学、最前線 ~健康を支える衣生活 ~
丸田直美
共立女子大学家政学部
はじめに
 本部会では部会内で蓄積した研究成果をわかりやすく一般の人々に解説する公開講座を2年に1回のペースで実施している。といってもH16年に富山で開催されて以来行われていなかった。H24年に神戸で再び開催されたことより、今後は定期的に実施したいということで、H26年度開催に向けて動き出した。親学会である日本家政学会の第2期活動助成をいただき、11月29日(土)午後から共立女子大学(東京)で開催することとなった。

関連記事

  1. 23巻 巻頭言-被服衛生学における形式知と暗黙知

  2. 部会誌35号被服衛生学部会内規2015

  3. 第33号 特別寄稿(三平先生)

  4. 28巻 研究室紹介 滋賀大学教育学部與倉(被服学)研究室

  5. 第34号 「編集後記」(與倉先生)

  6. 第34号 役員名簿(深沢先生)

  7. 25巻 報告-平成16年度公開講座報告

  8. 26巻 著書紹介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。