第31回被服衛生学セミナーのご案内

(社)日本家政学会被服衛生学部会 第31回被服衛生学セミナー

被服衛生学からみた身近な科学 -「におい」「香り」、ヒトの事情、ものの事情-

家政学は、総合的な科学であると位置づけられています。この点に着目し、今回は衣服の「におい」、「香り」をテーマに、ヒトの側面、ものの側面から総合的に学ぶ機会としたいと予定しております。場所は、衣に関する博物館として歴史のあるシルク博物館が併設されている、神奈川県横浜市のシルクセンターです。開催地に関わり横浜のシルクの歴史についての講演を企画しました。

なお、本セミナーは日本家政学会の活動助成を受けており、その趣旨に鑑み、横浜に関わる講演2件を一般の皆様に無料で公開いたします。多くのご参加をお待ちしております。

参加費

当日、受付でお支払いください。

 講演会・見学会を含む 会員・賛助会員4,000円、学生会員1,500円

懇親会 2,000円 (横浜中華街 清香園2F)

申し込み

参加申込書を記入の上、下記あて、メールまたはファックスで送付をお願いします。一般の方の参加についても、事前申し込みをお願いします。ただし、空席のある場合は当日参加も可能です。

いただいた情報は本セミナーに関する連絡にのみ使用します。

申込期限 8月20日(月)(ご都合によりこれより遅れた場合も、下記あてご連絡下さい。)

申込先  山梨県立大学 斉藤秀子 saito@yamanashi-ken.ac.jp  ファックス055-228-6819

場所

シルクセンター国際貿易観光会館地下1階会議室  http://www.silkcenter-kbkk.jp/main/

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町1番地 電話045-641-0845

(JR横浜駅から「みなとみらい線」横浜・中華街行6分の「日本大通り駅」徒歩3分)

日程 

平成24年9月13日(木)

12:00~12:50 役員会

12:30~13:00 受付

13:00~13:05 挨拶

13:05~13:55 一般公開講演「日本の近代化と経済発展を支えた横浜とシルク産業の変遷」

元シルク博物館 坂本堅五氏

13:55~14:20 一般公開講演「繊維製品の品質評価について」

神奈川県産業技術センター 加藤三貴氏

14:20~14:30  休憩

14:30~15:20 講演「「香り」のサイエンス」

高砂香料工業株式会社 山崎定彦氏

15:20~16:10 講演「現代の洗濯事情-洗濯の歴史と「におい」と「香り」への対応-」

ライオン株式会社 芳賀理佳氏

16:10~16:30 研究紹介「衣服等から発生する臭気成分の分析とその評価」

文化学園大学 永井伸夫氏

16:30~16:50 研究紹介「においは伝えられるか-教育現場での試み-」

聖徳大学 野上遊夏氏

16:50~17:40 臨時総会

17:40~17:45 挨拶

17:45~18:00 写真撮影

19:00~20:30 懇親会

平成24年9月14日(金)

10:00~ シルク博物館見学(学芸員説明予定) http://www.silkmuseum.or.jp/main/

11:30~ 横浜開港資料館(学芸員説明予定)http://www.kaikou.city.yokohama.jp/index.htm

(13日午前中に見学希望の場合、13日9:30に受付を行い、入場券をお渡しします。)

 

後援 山梨県立大学地域研究交流センター 第31回被服衛生学セミナー案内.docx  ②第31回被服衛生学セミナー参加申込書.docx

関連記事

  1. 22巻 巻頭言-「衣服と健康の科学、最前線」を走る被服衛生学部会

  2. 22巻 特集-賛助会員の声3

  3. 第34号 規約訂正版

  4. 23巻 大学院生の声2

  5. 部会誌35号庶務報告

  6. 第32号 研究室紹介

  7. 部会誌35号被服衛生学部会内規2015

  8. 第32号 表紙

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。