第23回 日本家政学会被服衛生学部会 夏季セミナーのご報告とプログラム

1. 総合テーマ  「ストレスと今求められている衣服」
2. 期 間  平成16年 8月23日(月)~24日(火)
3. 会場 九州大学国際交流プラザ
4. 参加費 (要旨集代、懇親会費を含む)
会員:15.000円  一般:20.000円  学生:8.000円
5. プログラム  
8/23(月) 11:00~12:00 役員会(2階中会議室)
  12:00~  受付開始 
  13:00~13:05  開会の辞
部会長 神戸女子大学教授 平田 耕造 
  13:05~14:05  講演1「温熱ストレス評価の国際基準について」
九州大学大学院芸術工学研究院教授  栃原 裕 
  14:05~15:05  講演2「ストレスは発展の源」
福岡女学院大学大学院教授  野村 勝彦 
  15:05~15:20  休憩 
  15:20~16:20  講演3「加圧トレーニングの効果と衣服への応用」
佐田整形外科病院院長 日本医師会認定産業医  佐田 正二郎 
  16:20~17:20  平成 15・16年度基盤研究B 中間報告
「異なる季節・地域におけるユニバーサル・ファッション提案のための被服衛生的研究」            
    1)「全体説明」                         鳥取大学教授  伊藤 紀子           
    2)「基本項目」                      実践女子大学教授  山崎 和彦           
    3)「衣服の更衣について」                 東京家政大学教授 岡田 宣子          
    4)「外出着、街着の購入について」               富山大学教授 諸岡晴美
    5)「女性の着衣の種類について」             文化女子大学教授 岩崎房子
  18:00~20:00  懇親会 (シーホーク ホテル&リゾート)
博多弁落語 
8/24(火)  09:00~09:45  若手の発表会
    1)「衣服圧がヒトの自律神経活動に及ぼす影響」岡本法子(文化女子大学)
    2)「夜間断眠ストレス中の精神タスクに対する脳波活動
および主観的眠気における高度照射の影響」横井麻理(千葉大学) 
  09:45~10:45  講演4「感性・感動に関する研究の必要性」
九州大学大学院芸術工学研究院教授  綿貫 茂喜 
  10:45~11:00  休憩 
  11:00~12:00 講演5「豊かな生 豊かな死 ~ホスピスの現場から~」
特別医療法人栄光会栄光病院副理事長・ホスピス長 下稲葉康之 
  12:00~13:00 昼食
  13:00~13:45  総会 
  13:45~14:45  講演6「ケア社会に向かって-健康・ケア・環境の視点から-」
佐賀大学医学部看護学科教授  井上 範江
  14:45~15:00  休憩 
  15:00~16:00  講演7「被服教育の現場から-小・中・高の家庭科より-」
福岡教育大学助教授   堀 雅子 
  16:00~16:30  「苧麻と手紡ぎ綿と紙布の織の現場から」
香蘭女学院短大、瑠美工房  大塚 瑠美子 
  16:30~17:00  「博多織の現場から」
博多織理事長   寺嶋 禎夫
  17:00~17:05  閉会の辞
副部会長 文化女子大学教授  岩崎 房子 

 


〈 事 務 局 〉
〒 811-1313 福岡市南区日佐3丁目42-1 福岡女学院大学 人間関係学部
Tel : 092-581-1492(内線327)、Fax:092-575-2480 E-mail:funatsum@fukujo.ac.jp
実行委員長 船津美智子 

関連記事

  1. 第34号 表紙

  2. 第32号 セミナー報告 第30回

  3. 部会誌35号著書紹介

  4. 29巻 巻頭言 成長し続ける被服衛生学部会

  5. 第32号 セミナー報告 第31回

  6. 第37回部会誌-役員名簿

  7. 26巻 巻頭言-協賛主義革命

  8. 30号 巻頭言 部会とともに:過去,現在そしてこれから

カレンダー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー