公開講座 開催報告

「日本家政学会被服衛生学部会公開講座
衣服と健康の科学、最前線-加齢に伴う私たちの変化と適応の方法-」を
令和3年3月7日(日)13時~16時10分、
東京家政大学(オンライン開催:参加者49名)にて行いました。

講演者の先生がた、ならびにご参加くださったみなさまに感謝申し上げます。

公開講座開催のお知らせ 第2報

被服衛生学部会では、下記の通り、 日本家政学会被服衛生学部会公開講座を開催させて頂きます。新型コロナウイスル感染拡大防止のため、今回はオンライン開催となります。コロナ禍で日常生活が変化している中、健康を保つことはますます重要になっています。 是非とも公開講座にご参加頂けますようお願い申し上げます。

          記

日本家政学会被服衛生学部会公開講座
衣服と健康の科学、最前線-加齢に伴う私たちの変化と適応の方法-
令和3年3月7日(日)東京家政大学(オンライン開催)13時~16時10分

【プログラム】
13時00分~ 部会長挨拶

13時10分~14時40分(講演75分,質疑応答15分)
加齢に伴う体温調節能・体液の変化や特性
早稲田大学     永島 計

14時45分~15時25分(講演30分、質疑応答10分)
加齢に伴う身体特性の変化
共立女子大学    丸田 直美

15時30分~16時10分(講演30分、質疑応答10分)
加齢に伴う諸感覚の変化
高崎健康福祉大学  内田 幸子

出席者用イベントアドレス: https://kasei.webex.com/kasei/onstage/g.php?MTID=ef14e25f9f00a736538d55fb0e25b549c

参加にはパスワードが必要ですので、
参加を希望される方は、
3月6日12時までにushioda-h@tokyo-kasei.ac.@jpまで

①所属、②名前、③e-mailアドレス、④日本家政学会の会員か、⑤被服衛生学部会の会員かの5項目を記載したe-mailをお送りください。
(送信時は、jpの前の@を削除してお送りください。)

非会員、非部会員の方も参加可能ですので、お誘い合わせの上、是非ご参加頂きますよう、お願い申し上げます。

この講座は終了しました。